マジェスティS, ランニングシステム

SG52Jの前後サスは何度かマイナーチェンジした後のようですが、路面からの突き上げが酷いので前後サスを変えてみました。フロントはデイトナのコンフォートスプリング、リアはコンフォートリアサスペンション(ブラック)です。

マジェスティS, エンジン

SP忠男のマフラーに交換して高回転の特性には満足しているのですが、発進付近のもっさり感がずっと気になっており、ドクタープーリーのウエイトローラーに交換してみました。純正と同サイズの12g x 6個です。結果的に発進のもっさり感が多少改善されたのを体感できました。ローラーの効果かははっきりしませんが、最高速チャレンジで条件が良ければメーター読み130km以上を確認できています。変速は7600rpm位なので、マフラー交換している場合はもう少し軽くしてみても良いかもしれません。

マジェスティS, エンジン

静かに乗ってようと思っていたのですが、我慢できずマフラーを変えてしまいました。性能で定評のあるSP忠男です。”S”か”R”かで悩んだのですが、高速を多用するし全開が多いので高回転型の”R”にしてみました。発進からの低速トルクは純正に比べ落ちましたが、特に8000rpm以上のパワー感を体感できます。

マジェスティS, エレクトリック

前後ウインカーとナンバー灯をLED化しました。Amazonで売ってる安価なもので、ウインカーはBORDAN製 S25シングル ピン角違いLED(2個で1380円)、ナンバー灯はSEALIGHT製 T10 LED(10個で1250円)です。一年位使っていますが壊れず使えてます。リレーは右ハンドルスイッチ交換時に変更済みなので影響なし。

エクステリア, マジェスティS

2018年式のシルキーホワイトはサイドモールだけマットグレーなのでちょっと統一感が無いかなと感じていました。2016年式は外装が全てシルキーホワイトなので、純正部品を取り寄せて交換です。

エクステリア, マジェスティS

純正ミラーは横への出っ張りが大きいので、コマジェミラーに交換してすり抜けしやすくしました。バーエンド付近にミラー端が来るので良い感じです。価格も左右セットで3000円未満でリーズナブル。

マジェスティS, エレクトリック

デイトナ製スマホホルダーを他のバイクから流用しました。ツーリング中でも充電できるように同じくデイトナのUSB端子も取り付け。クランプバーはハリケーン製を選択し、キャンプ用にクレセルの簡易温度計も付けてみました。

マジェスティS, エレクトリック

高速道路も結構走りますし、ハザードが無いと何かと不便なので台湾仕様の右ハンドルスイッチを取り付けました。詳しい説明書は無く、フロントカウルを外す必要があるので多少手間ですが、加工等必要なくボルトオンで取り付け可能でした。でも実際使ってみるとアクセルオフ前提なので、ハザードは左ハンドルに付いていた方が使い勝手が良いですね。

エクステリア, マジェスティS

SG52J専用のヤマハ純正ウインドシールド。小型スクーター用の立ったシールドと比べると効果は弱いですが、高速走行をする場合の疲労感や冬の身体の冷えに効果を感じています。スタイル優先でシールドを付けてない方も多いですが、私は高速利用のツーリングが多いので付けました。

エクステリア, マジェスティS

マジェスティSでは超定番商品のMOSリアインナーフェナーです。事前に購入しておき、納車して帰宅後にすぐ装着しました。