マジェスティS, 外装

台湾ミラーを比較した結果DDX ST-558が好みとわかりましたので交換しました。コマジェミラーよりもミラーの面積が低いので視認性は悪くなったものの、バーエンド先端からかなり内側にセットされることですり抜けはガンガン行けるようなりました。シンプルで小ぶりなデザインも気に入っています。

マジェスティS, 外装

すり抜け重視のためにマジェスティ125用の純正ミラー(コマジェミラー)を使っているのですが、デザインがイマイチなので格好良いタートルミラーに交換します。台湾では「千禧龜後照鏡(ミレニアムタートルミラー)とか千禧金龜」と呼ばれているものです。タートルミラーにはいくつか種類がありますが、日本で一般的と思われる二種を購入し比較してみました。上がKS(だと思います)で下がDDXのST-558です。

マジェスティS, 外装

クイックタイプのデイトナ スマホホルダーをリジットタイプに変更しました。こちらもミノウラ版よりも角度調整の自由度が高いです。赤の樹脂パーツが気になっていたのでエアーウレタンのブラックメタリックで塗装。

マジェスティS, ハンドル/足回り

Go Works ハンドルブラケットのボルトを普通のキャップボルトからポッシュのステンレスブラック テーパーキャップボルトに交換しました。サイズはM8x20mmです。

マジェスティS, 外装

純正グラブバー(タンデムバー)をホワイトからブラックに交換していたのですが、こちらもMOSのカーボンに変更しました。この商品は純正ホワイトのグラブバーに本物の3Kカーボンを張り付けて成型したものです。グラブバーとしての強度がありますので折れや曲がりを気にする必要がありません。

マジェスティS, ハンドル/足回り

フロントをデイトナのローダウンスプリングに交換していたのですが、ストロークが短く跳ねが酷いので元々付けていたデイトナのコンフォートスプリングに戻しました。ついでにリアのローダウンブラケットに合わせてフロントにNCYの軽量ステムを取り付けて突き出しを行いました。

マジェスティS, 外装

JSMのアルミビレットコンビニフックに変えてみました。肉抜きされたシンプルなデザインです。

マジェスティS, その他

台湾仕様のフューエルキャップとキーシリンダーに交換しました。台湾仕様にすると鍵を奥に差し込んで右に回すことでキャップが開くようになります。ガソリンスタンドで鍵を差し替えなく済むので便利です。キャップとキーセットはアトラスから台湾純正をキット化しているものを利用。タンクキャップカバーはMOSとパーティーアップのカーボンを組み合わせました。

マジェスティS, 外装

MOSのカーボンフロントフェンダーに続き、リアフェンダーもMOSでカーボン化です。

マジェスティS, 外装

MOSのカーボンフロントフェンダーに交換。FORCE155の型です。本当はマジェスティSの型が欲しかったのですが、台湾MOSに問い合わせたところすでに廃盤とのこと。