マジェスティS, エンジン

現在マフラーはウインドジャマーズ×ビータスのマフラーを使用しています。マフラースプリング(フックスプリング)は切れたり特に問題は出ていないのですが、ドレスアップ目的でJSMのチタンコートのものに変えてみました。

マジェスティS, 電装系

2018年式以降のマジェスティSはLEDヘッドライトになりました。明るさはありますが、横方向の配光が狭く夜間走行に支障が出る時があります。ヘッドライトを換装する社外キットは販売されていないため、追加でフォグライト(フォグランプ)を付けて対策してみることにしました。採用したのは明るさで評判の良いプロテック(PROTEC)のLEDフォグライトです。

マジェスティS, 駆動系

ベルト落とし込み用のボスワッシャーとしてKN企画のものを使用していましたが、内径が少し大きく精度があまり良くありません。そこで、精度的に間違い無さそうなヤマハ純正のボスワッシャーを6種類取り寄せて、セッティングに使えるか確認してみました。シグナスグリファスやNMAX、X FORCE等で落とし込みする際にも使える情報です。

ローバーミニ, エレクトリック

LED化したルームランプの調子が悪いので、バックランプに使って1個余っていたゴシミのホワイトLEDを使ってルームランプのバルブを交換しました。

マジェスティS, 駆動系

クラッチアウターサポートカラーをCOME FROM製の軽量なものに変えてみました。

PC, その他PCパーツ

サーバー用のUPSとしてオムロンBY50Sを10年以上使用しています。直近にバッテリー交換したのは2019年7月ですが、かなり前からバッテリー交換ランプが点滅しており無視して使っていました。不手際でブレーカーを落としてしまった際に給電時間が全くと言っていいほど無く、サーバーを落としてしまったのでバッテリー交換することにしました。選択したのはオムロン純正ではなく、半額以下で購入できるスーパーナットの12SN9です。

マジェスティS, その他

新型スクーター「AUGUR」が台湾ヤマハから発表されました。「AUGUR」は日本語で「預言者」などの意味があります。英語の発音をそのまま聞くと「アーガー」と聞こえますが、台湾の方の発音を聞くと「オーガ」と聞こえます。かなり個性的なデザインなので好き嫌いが別れるかもしれませんが、X FORCE(FORCE2.0)に比べより先進的な装備となっており、上位モデルとなるのでマジェスティSの後継という位置付けにもなりそうです。カラーは三種類で、こちらは「アークブルー(ダークブルー・ダークグレー)」になります。

出典:YAMAHA台灣山葉機車

塗装/エアツール

コンプレッサーで使用するエアダスターとして金属製のSK11 SAD-101を使用していましたが、少量吹き出す微調整が難しく音も煩く感じていたので、SK11のSAD-001-Tに入れ替えてみました。

塗装/エアツール

G1/4サイズのハイカプラとして定番の日東工器製ですが、ラインナップがいくつかあってわかりにくいので三種類を入手して比較してみました。左から20PF、20PFF、20PFF-PLAです。形状的には20PFFが最もコンパクトになります。

塗装/エアツール

最近はスプレーガンを使った塗装を頻繁に行っているのですが、洗浄用のラッカーシンナーが強力すぎて厚手のニトリルゴム手袋でもすぐに破れて対応できませんでした。耐溶剤や耐シンナーを謳っているものは高価で、一双1,500円~4,000程度します。もし耐性が無くて破れてしまうを考えると、なかなか買う気持ちになりません。ですが、色々試して安くてラッカーシンナーや剥離剤にも使える手袋を見つけたのでシェアしようと思います。