ホワイトハウス・コックス, 小銭入れ

ホワイトハウスコックス社に修理に出していたホワイトハウス・コックスのコインケース(小銭入れ)が帰ってきた後のレポートです。修理期間は2ヶ月位かかったと思います。修理費は2,000円程度でした。下記の写真は修理から約2年経過しており、購入からは約6年経過しています。主にステッチ部分の再縫い合わせが行われています。縫い目による革のうねりが力強く、より個性的になりました。

小銭入れ, ホワイトハウス・コックス

ホワイトハウス・コックスのコインケース(小銭入れ)ですが、使用から4年経過しました。丁寧に扱ってきたつもりなのですが、ステッチの切れが激しくなってしまい、財布として機能しなくなってきてしまいました。

ホワイトハウス・コックス, 小銭入れ

ホワイトハウスコックス 「コインケース(小銭入れ)」 エイジング記録その1から半年程経った後のリポートです。エイジングの進行具合を紹介したいと思います。全体的に結構濃くなってきました。
※前回撮影したカメラとは違うカメラを使用している為、色味に違いが出ています。
(前回:コニカミノルタ Dimage A200、今回:フジフィルム FinePix F11を使用。)

ホワイトハウス・コックス, 小銭入れ

使っていた財布がボロボロになってしまっていたので、財布をリニューアルしました。選択したのはホワイトハウスコックスのコインケースです。