マジェスティS, ブレーキ

フロント用のマスターシリンダーはブレンボのコルサコルタ15mmを取り付けているのですがリアは純正マスターです。DREAMER MOTORのレバーでパーキング機能は便利なのですが、調整範囲が狭く自分の指には合っていなかったのと、レバーとマスターのクリアランスの大きさが気になっていたので台湾Frandoのラジアルポンプマスターに交換しました。Frandoからはいくつかラジアルポンプマスターが出ているのですが、選択したのは比較的新しくラインナップされて安価なFMF130です。

マジェスティS, ブレーキ

私のマジェスティSは2018年式で純正ブレーキレバーは普通のシルバーなのですが、新型の2020年式はマットブラックに仕様変更されています。現在のリアブレーキレバーは社外のDREAM MOTOR製に変えているものの、マットブラックの純正レバーが気になって変更してみました。

マジェスティS, ブレーキ

ブレンボキャリパーに付けていたクロモリのキャップボルトに錆が出てしまいましたので、締結ボルトとマウントボルトをお気に入りのZETA64チタンのものに変えました。

マジェスティS, ブレーキ

MOSホイール取り付けにあたりブレーキディスクも新調しました。NCYのN-20です。N-12の後継となる昨年発売された新しいブレーキディスクになります。フロントはSMAX用の267mmですが、リアはシグナスX(勁戰)のフロント用245mmを使用します。

マジェスティS, ブレーキ

最高峰のマスターシリンダーはどう違うのか?を体感してみたくなりフロントマスターをR1 セミラジアルからブレンボの15RCSコルサコルタに交換してみました。R1のセミラジアルはレストア中の別のバイクに使うことにします。

マジェスティS, ブレーキ

シグナスX 3型用の純正フロントブレーキローターをリアブレーキローターとして流用取り付けし、ローターボルトをJSMのチタン合金にしてみました。

マジェスティS, ブレーキ

フロントブレーキのストロークの大きさが気になっていたのでセミラジアルのマスターシリンダーに変えてみました。純正流用カスタムで定番のR1用セミラジアルマスターシリンダーです。ブレンボ4POT 40mm シングルディスクと組み合わせている事例があまり無いようなのでチャレンジしたかったというのもあります。

マジェスティS, ブレーキ

リアブレーキホース交換の際に取り付けたRPMのリアブレーキホースホルダーですが、ブルーアルマイトだと浮いた感じがするのでエアーウレタンのブラックメタリックで塗装しました。他にもラジエターの取り付けボルトやサブフレームボルトもステンレスブラックのものに変更するかブラックメタリック塗装してあります。

マジェスティS, ブレーキ

マスターシリンダーキャップをRIDEAのブルーアルマイトのものに交換しました。ノーマルマスタシリンダーキャップでは一番格好良いと思います。価格も一番ですが。。RIDEAは台湾のメーカーで主に自転車のアルマイトパーツを製造しているメーカーです。