マジェスティS R-SPACE リアキャリア塗装 & 小加工 & GIVI B47取り付け

2022年5月11日

以前取り付けた高強度が売りのR-SPACEのリアキャリアは元々つや消しブラックで塗装されていますが、サブフレーム等との色合わせでエアーウレタンのブラックメタリックに塗装しました。また、同時にボルト部分を小加工しています。キャンプツーリングに行くために購入したリアボックス(トップケース)のGIVI B47も合わせてみました。

ベースの位置も少し後方に変更しました。ツーリングバッグをリアシートのより後方に置いた方が運転の際の窮屈さを改善できるためです。

盗難防止のためボルトを変更しています。

ナット類も同じ目的で変更。

使用するリアボックスはモノロックケースで最大容量47リットルを誇るB47です。ただし最大積載量は3kgまでなので重いものを大量に載せて走行することは想定されていません。キャンプツーリングの際は軽いけどかさばる衣類であったり、現地で履き替える靴、食材を入れたソフトクーラー等を入れたりしています。

カラーはTECH未塗装ブラックでデザインも格好良いです。

外周はウェザーストリップが装備されているので、雨が降っても中に浸水したことはありません。こちらは傷防止と緩衝材の目的でインナーを取り付けています。GIVIにはインナーの設定はありませんが、ワールドウォーク製48Lボックスのオプション品がぴったり使用できます。

夏に愛用のVZ-RAMを入れた状態。別カラーでもVZ-RAMを持っていて、2つ入るか試しましたが無理でした。

お買い得ソフトクーラー(保冷バッグ)の定番、キャプテンスタッグのデリス ソフトクーラーバッグ6LとSHOEI Z-8を入れた状態。問題なく閉まります。

こちらはキャプテンスタッグのデリス ソフトクーラーバッグ15L(Amazon限定カラー カーキ)を入れた状態。B47は上側にも逃げがあるので閉めることができます。

こちらはタナックス MFK-102と同時に装着した状態。リアボックスのベースプレートをできる限り後方に持っていかないと着座位置が前になり運転が辛くなります。

黒ベースの質感は車体の色とも良く合っています。

私は純正より横幅の短い社外ミラーに交換していますが、B47の大きさでもリアの視認性は問題ありません。

GIVIを検討されている方はどのサイズにするか迷ってる方が多いと思います。個人的には、普段使いの街乗り用で常に取り付けるのであれば取り回しへの影響を考えて必要最小限のサイズ、キャンプ等で特定の日だけ使用する用途であれば最大サイズをおすすめします。