マジェスティS 前後ブレンボキャリパー取り付け 装着編

2020年9月27日

前後ブレーキキャリパーをブレンボに交換しました。フロントは40mmキャストキャリパーのチタニウムカラー、リアは84mmキャストキャリパー(新カニ)です。制動力は非常に満足のいく結果となりました。純正キャリパーとは比較にならない程強力です。

ブレーキホースはスウェッジラインのブラックスモークホースにステンレスのバンジョーの組み合わせ。キャリパーボルト全てクロモリのテーパーキャップボルトに変更しています。パッドはデイトナのゴールデンパッドカイに変えています。詳細はフロント準備編に記載しています。

サブフレームとマフラーステーをブラックメタリックに塗装しているので締まって見えます。

リアも基本的にフロントと同じ仕様ですがパッドのみ効きが弱く耐久性があり、ダストが少ないデイトナのシンタードパッドに変えています。詳細はリア準備編に記載しています。

マフラーステーの穴をM8のブラックステンレスボルトで埋めてみました。

前後共にキャリパー側からブレーキフルードをシリンジで注入する方法でエア抜きしました。マスターシリンダー側から落とすより早く終わります。手持ちのシリンジは容量が少ないですが、本当はもっと大きい方が良いです。

フロントブレーキホースはフルボトムの際にインナーフェンダーに当たらないよう上手く調整する必要があります。純正の長さでオーダーしてしまいましたが、この取り回しだと数センチ長いので、カウル内でたわみを逃してあります。

付属のホース保護ラバーは固定が甘いのでずれてきます。何かしら対策が必要そうです。

ブラックと迷いましたが、やはりブレンボはチタニウムカラーが格好良いと思います。