三つ折財布, ホワイトハウス・コックス

ホワイトハウスコックス「三つ折財布」 エイジング記録その1から半年程経ちました。その後の3つ折り財布のリポートです。小銭入れもそうですが、大体1ヶ月位に一度、専用のクリームメンテナンスしていました。

小銭入れ, ホワイトハウス・コックス

ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その1から半年程経った後のリポートです。エイジングの進行具合を紹介したいと思います。
※前回撮影したカメラとは違うカメラを使用している為、色味に違いが出ています。
(前回:コニカミノルタ Dimage A200、今回:フジフィルム FinePix F11を使用。)
全体的に結構濃くなってきました。

LEDライト

ARC FLASHLIGHT Premium White LED AAAです。 2006年のインド旅行の為に購入。LED1灯、単四電池×1本でなかなか明るいです。電池は安心できるPanasonic製に交換し、ネジ山と防水ゴムにはWAKO’Sのラバーグリスを塗布しました。

三つ折財布, ホワイトハウス・コックス

前回紹介したホワイトハウスコックスの小銭入れに続き、3つ折り財布の紹介です。以前は2つ折りの財布を使っていましたが、カードがあまり入らないので今回は収納力のある3つ折りの物にしました。この財布はユナイテッドアローズが別注した色らしく、通常のラインには無いパープルです。最初は小銭入れと同じニュートンにしようとも思ったのですが、紫の財布もカッコイイかなと思いパープルに決めました。ついでに、メンテナンス用のレザーバームも購入。
普段はジーンズの後ろポケットに入れて持ち歩いています。最初は折れ曲がらないように、そのまま椅子に座らないよう気を使っていたのですが、1度座ってしまったら角に折れ皺がついてしまったので今では気にせず座ります。。
※綺麗に使いたい方は、ジーンズのポケットには入れないことです。座らなくても、結構簡単に折り皺が入ってしまいます。
使い勝手はとても良いです。隠しポケットがたくさんついているので収納力も抜群。お札を入れる所はとても深いのでお札以外も入れて使えそうです。この財布もエイジングを報告していきたいと思います。下記の画像は購入直後に撮影したものです。2006年3月購入。

小銭入れ, ホワイトハウス・コックス

使っていた財布がボロボロになってしまっていたので、財布をリニューアルしました。前回使っていた2つ折り財布と小銭入れが、1年もしないうちに寿命が来てしまったので、次に財布を買う時は、丈夫な物をと思っていました。それと、友人が綺麗な飴色に変わった丈夫な革の財布を持っていたので、私もエイジング(老化)で味を楽しめる物を探すことに。
そして最終的に英国ブランドのホワイトハウスコックスという財布に決定!アローズ横浜店にて、3つ折り財布と小銭入れを買いました。このホワイトハウスコックス社の定番の製品は、ブライドルレザーという馬の鞍にも使われている革を使用しています。特徴としましては、ハンドメイドで丈夫、使い込むうちに深い艶が出てくるとのこと。今回は小銭入れを紹介します。色はニュートンという一番ベーシックな色で、最も色の変化が大きいようです。面白そうなので、今後の色の変化をレポートしていきたいと思います。2006年3月購入。

Linux, PC

DiCEを使ったDynamic DNSのIPアドレス自動更新処理方法です。ドメインはVALUEDOMAINで得しているので、VALUEDOMAIN用の設定です。
※以下の操作は、X上でターミナルを開いて実行しています。

オーディオ

2006年当時、ハイエンドイヤホンといえばSHUREかEtymotic Researchでした。ホームオーディオ用のリファレンス用としてER-4Sを当時25,800円で購入しましたが、最近は円高の影響もありかなり安く買えるみたいですね。さて、肝心の音質ですが、そこらにあるカナル型のイヤホンでは比較にならない素晴らしい音です。音域はフラットでありながら、解像度はまさに音の顕微鏡といったところ。iPod用に購入したのですが、タッチノイズが激しいのとデザイン面で同社のER-6i、壊れて後にhf5を購入しましたがER-4Sには全く敵いませんでした。

未分類

Mobable TypeからWordPressに移行しました。2006年の1月1日からMobable Typeを始めましたが、現在ではかなりシェアが落ちているようですね。今後ともよろしくお願い致します。

Web Master