Express5800(鼻毛鯖)メインマシン CPU換装 Pentium G6950 → Core i5-670


ESXiに続きメインマシンのCPUも交換しました。こちらはCore i5-670(3.46GHz)で、ESXiの660(3.33GHz)より若干クロックが高いモデルです。Turbo boost時には3.73GHzで動作します。

パッケージ。

CPU表面。ヒートスプレッダが先日交換したCore i5-660と異なるようです。表面や角の処理が違います。

CPU裏面。ソケットタイプはLGA1156。

CPU-Zの出力結果。

メモリは先日交換したCFDのDDR3-1600。DDR3-1333で動作。nonECCメモリOKです。

以下、Pentium G6950(上)とCore i5-670(下)の比較。Prime95を数時間実行してもファンの速度が上がるようなことはなく静かです。クロック数が高く、マルチコア対応の3Dゲーム等をやらない方には低発熱で良い選択かと思います。

Windows Experience Index

CINEBENCH 11.5

CrystalMark 2004R3

Super PI Mod 1.5 – 104万桁

Core Temp 1.0 RC3 – アイドル時*1

Core Temp 1.0 RC3 – 高負荷時(Prime95 実行時最高温度)*1

*1 どちらも鼻毛鯖付属のCPUクーラー。Core i5-670のCPUグリスはAINEX AS-05。室温約26℃。

↓鼻毛鯖のCPU交換手順についてはこちら↓
Express5800(鼻毛鯖)ESXi CPU換装 Pentium G6950 → Core i5-660

↓CPUの冷却効率を上げる改造はこちら↓
Express5800(鼻毛鯖)改造 – ケース内ファンガード撤去で冷却効率アップ

↓Core i7-870への換装についてはこちら↓
Express5800(鼻毛鯖)メインマシン CPU換装 Core i5-670 → Core i7-870

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。