ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その4


修理に出していたホワイトハウス・コックスの小銭入れが帰ってきた後のレポートです。修理期間は2ヶ月位かかったと思います。修理費は2,000円程度でした。下記の写真は修理から約2年経過しており、購入からは約6年経過しています。主にステッチ部分の再縫い合わせが行われています。縫い目による革のうねりが力強く、より個性的になりました。

↓過去のホワイトハウスコックス「小銭入れの」の記事はこちら↓

ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その3
ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その2
ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。