ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その2


ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その1から半年程経った後のリポートです。エイジングの進行具合を紹介したいと思います。

※前回撮影したカメラとは違うカメラを使用している為、色味に違いが出ています。
(前回:コニカミノルタ Dimage A200、今回:フジフィルム FinePix F11を使用。)

全体的に結構濃くなってきました。

ベロの部分は一番触れる機会が多いのか、最も濃くなりました。

角の部分はやはり当たりが大きいですね。この部分の糸には、痛みが少し見られます。

ステッチの波によって濃淡がはっきり出ています。

内側との色の比較です。内側はほとんど触れる機会が無いせいか、色の変化はほとんどありませんでした。

色の変化はほとんどありませんが、お金の金属による汚れが出てきてます。

ニュートンのカラーはやはり変化が大きく、楽しめますね。また時期を見てリポートしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。