ホワイトハウスコックス 「小銭入れ」 エイジング記録その1


使っていた財布がボロボロになってしまっていたので、財布をリニューアルしました。前回使っていた2つ折り財布と小銭入れが、1年もしないうちに寿命が来てしまったので、次に財布を買う時は、丈夫な物をと思っていました。それと、友人が綺麗な飴色に変わった丈夫な革の財布を持っていたので、私もエイジング(老化)で味を楽しめる物を探すことに。

そして最終的に英国ブランドのホワイトハウスコックスという財布に決定!アローズ横浜店にて、3つ折り財布と小銭入れを買いました。このホワイトハウスコックス社の定番の製品は、ブライドルレザーという馬の鞍にも使われている革を使用しています。特徴としましては、ハンドメイドで丈夫、使い込むうちに深い艶が出てくるとのこと。今回は小銭入れを紹介します。色はニュートンという一番ベーシックな色で、最も色の変化が大きいようです。面白そうなので、今後の色の変化をレポートしていきたいと思います。2006年3月購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。