マジェスティS アドバンスプロ フロントフォーク オイル低摺動シールセット チョコミント取り付け

2021年9月19日

フロントフォークは純正ですが、デイトナのコンフォートフロントフォークスプリングを取り付けています。純正スプリングで気になっていた突き上げはだいぶ改善されたものの、まだ突き上げ感があります。アドバンスプロのオイルシールは突き上げの改善について明記されていたので使ってみることにしました。

パッケージ。品番はFOC-YM01Mです。

上側がオイルシールで下側がダストシールです。

オイルシールリップ部分。

ダストシールリップ部分。

純正ダストシールとの比較。

純正オイルシールとの比較。

シール組み込み。

交換にあたってのポイントは、
・リップ部にシリコングリスを塗布
・シートパイプの取り外しに19mmの大きなヘックスソケットとエクステンションバーが必要
・インナーチューブ保護のカバーは取り付けたままで交換可能
・走行距離が少ないので、今回シールの他に用意したのはボトム部の銅ワッシャ(4P9-F3158-00)のみ
・今回は大丈夫でしたが、ストッパーリング(4P9-F3157-00)は錆びやすいので距離を走っている場合は用意した方が良いかも

横から見るとこんな感じです。

ドレスアップ効果もあり、チョコミントカラーがワンポイントになります。車体の青とも合っていると思います。

シールを変えてないフォークと変えたフォークを手で押し込んで比較すると、変えてないフォークは「グッ、グッ、グッ」と途中で止まりながら縮む感じですが、変えたフォークは「スーッ」とシールの抵抗無く縮む感じです。

実走行の感想としては、個人的にバンピーな路面の衝撃吸収効果を期待していたため、強めの衝撃には効果を感じ取れませんでした。シールのフリクション低減を謳っている商品では、小さい衝撃の吸収の範囲に限って期待した方が良さそうです。