ミニ シュロス4点式シートベルト(Profi II asm)取り付け


サーキット走行用に四点式シートベルトを取り付けました(普段は取り外しています)。ポルシェ等のヨーロッパ車には定番のドイツ製シュロスです。ミニでは定番とされているサベルトやウィランズと比べると作りのレベルが全然違います。ちなみに、日本最大手のシートベルトメーカーTAKATAは昨年シュロスを買収し、現在はシュロスの技術をフィードバックしたモデルを販売しています。
schroth-01

同梱物。ショルダーベルトが3インチ、ラップベルトが2インチです。食い込み具合等の使用感を考慮するとこの組み合わせが良いようです。
schroth-02

RFRロータリーバックル。ワンタッチで固定ベルトを解除できます。
schroth-03

アイボルトへかかるフック部分。
schroth-04

グレイストンのアイボルト(32mm)を別途購入しました。
schroth-05

純正ボルトとの比較。
schroth-06

運転席右側の純正シートベルトと共締め。
schroth-07

左側はスペース的に厳しかったので助手席右側のシートベルトバックルに共締めしました。
schroth-08

リアシート右側。リアシートの下側は溝にはまっているだけなので、手前から押し込むと簡単に外れます。左の隅に見える茶色い部分は錆ではなく接着剤です。
schroth-09

リアシート左側。
schroth-10

リアシートをはめ込んだ状態です。
schroth-11

長さ調整して余ったベルトはタイラップでまとめました。
schroth-12

レカロシートにはシュロスが定番だそうです。LX-VS Pro.とはカラーマッチングも良いですね。締め付け調整がやりやすいように考慮されておりとてもとても使いやすいです。
schroth-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。