マジェスティS NCY CNC 軽量 アルミ ステアリングステム取り付け

フロントをデイトナのローダウンスプリングに交換していたのですが、ストロークが短く跳ねが酷いので元々付けていたデイトナのコンフォートスプリングに戻しました。ついでにリアのローダウンブラケットに合わせてフロントにNCYの軽量ステムを取り付けて突き出しを行いました。

パッケージ。

品名と型番。色はブラックの他にゴールドとシルバーがあります。NCYのステムは以前からありましたが、こちらはモデルチェンジ後のものです。

素材は6000系アルミニウム合金の6061-T6とのことです。

支柱部分はスチール製。

前モデルと比較してクランプボルトが2本から3本に変更になっています。

説明書。

純正ステムとの比較。

純正ステムは4.0kg。

NCY 軽量ステムは2.3kg。

レース(4C6-F3411-10)とダストシール(3KW-F3462-00)は別途新品を用意する必要があります。

レースの圧入は古いベアリングを仮でセットし、車体に取り付けてトップナットを締めてしまうのが楽な方法です。

純正ステムと同様にストッパー部分がありますので、突き出しするためにリューターで削りました。ステム自体は干渉等もないのでそのまま加工等無く取り付けが可能です。ハンドルロックも問題無しでした。

リアのローダウン量に合わせて突き出し量は18mmに設定。インナーフェンダーは干渉するためカットする必要があります。

交換後最初に感じたのはフロント回りの硬さです。良く言えば路面のダイレクト感が強くなり情報量が上がったとも言えると思います。