ミニ デルタ クイックシフトキット取り付け


ミニのシフトストロークの大きさから、クイックシフトを付けてみることにしました。クイックシフトは賛否両論ありますが、自分に合わなければ純正に戻すつもりです。ブロスガレージのアジャスタブルシフトノブと組み合わせて取り付けです。

キット一覧。デルタのクイックシフトは、純正ロッドからの部品流用が無いです。

シフトブーツは隠れたネジで止まっています。

シフトブーツ → スポンジカバー → ゴムカバーの順で外すとリンケージが現れます。

カップを上から押さえて回すと簡単にロッドが抜けます。上部は完全にグリス切れでした。

グリスが下に溜まり固着しています。

下からリンケージの蓋を開け、古いグリスを取り除きます。

綺麗に拭き取りました。左下に見えるのがバックランプスイッチです。今回の取り付けにあたり、調整等の必要はありませんでした。

カップを取付ける為のボルト。少し削り当たりを良くしておきました。

新品グリスをたっぷり詰め込んで取り付け。グリスはリチウム系ワコーズマルチパーパスグリースを使用。純正スポンジカバーはボロボロ、ゴムカバーも取り付け不可なので防音材としてフェルトを敷いておくことにします。

完成。純正よりも数センチ長いのでよりシフトポジションが楽になりました。ストロークが半分位になり、ガチッと入るようになりました。最初はかなり硬く感じますが、馴染むと慣れてあまり感じなくなると思います。

↓その後レイル製のクイックシフトに交換しました。記事はこちら↓
ミニ レイル ビートラッシュ クイックシフト取り付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。