マジェスティS aRacer AF1用 ボッシュ ワイドバンドO2センサー 品番:17014 交換

2021年9月16日

aRacer導入時からAF1に同梱されていたワイドバンドO2センサーを使用していましたが、走行約300kmで壊れました。症状としては、高回転域を使用していると出やすく、空燃比表示が25.5(iMode上)になってしまうというものでした。低回転でしばらく走行すると復活したりするのですが、また25.5になってしまいます。半死にのような状態ですが、O2センサーかAF1の故障を疑い、ボッシュ製のO2センサーを交換したところ復旧しました。

交換に使用したのはボッシュ製のワイドバンドO2センサーです。aRacer付属のO2センサーはノーブランド品であり、取り付け後の保証は一切なしといったものでした。明らかに不具合が出ることを想定したサポートポリシーです。ノーブランド品はボッシュの半額位で購入できますが、またすぐ壊れても嫌なのでボッシュ製を選択することにしました。

品番は「17014」もしくは「0258007057」です。規格はLSU4.2です。ボッシュ製にはLSU4.9もあり、形状が似ているので購入時には注意が必要です。

ボッシュO2センサー先端部分。

ボッシュ製は本体に品番とボッシュのロゴが刻印されています。aRacer付属のノーブランド品は刻印がありませんでした。

壊れたaRacer付属のO2センサー(左)とボッシュO2センサー(右)の比較。形状が異なります。

ボッシュ製の方は穴が少ないです。

根本の被覆の形状も異なります。

ネジ部のグリスが少なかったので、取り付け時と同様パーマテックスのアンチシーズを少量追加しておきました。

ボッシュ製の方が壊れにくいのかはこれから検証ですが、また壊れるようでしたら報告したいと思います。最近AF2が発売されましたが、そちらはボッシュ製のLSU4.9規格 O2センサーが同梱されているようです。また壊れるようでしたらAF2への乗り換えも検討します。