マジェスティS KN企画 ボアアップキット取り付け⑥

2021年9月15日

KN企画 ボアアップキット取り付け⑤の続きです。KN企画のエンジンキット取り付けにあたり追加で購入した商品を紹介していきます。今回はケミカル類や純正部品です。まずはエンジンオイルですが、ヤマハ純正 ヤマルーブのRS4GPを使用しました。ボアアップ前はヤマハ純正のプレミアムシンセティックを使用していましたが、その上のヤマルーブ最上級グレードになります。

ヤマハ純正 ロングライフクーラント。50:50で希釈して使用。希釈にはいつも精製水を使用するようにしています。

ヤマハ純正 モリブデングリース。サービスマニュアルで指定されているものです。シリンダーヘッドナット等に使用。粘度は柔らかめです。

スリーボンド 1215。液体ガスケットです。サービスマニュアルで指定されているものです。シリンダーヘッドボルト(右側2本のキャップボルト)に使用。

ワイズギア ヤマハ純正モリブデンオイル。サービスマニュアルで指定されているものです。カムシャフトの組付け等に使用。

パーマテックスのガスケットドレッシング&シーラント #85420。紙ガスケットに塗布することで張り付きを防止します。次回分解作業時に楽ができます。また、粘度があるのでインテークマニホールドガスケットの位置合わせにも効果的です。ベースガスケットとインマニガスケットに使用。

あとは写真を撮っていませんでしたが、ケミカル類だとヤマハ純正のグリースBを使用しています。その他、以下の純正部品を別途用意しました。

90201-12172×1個:エンジンオイルドレンボルトの銅ワッシャ。
3YF-14613-01×1個:マフラーとシリンダーヘッド間のガスケット。
95702-08500×2個:マフラーフランジのナット。
90116-08019×2個:マフラースタッドボルト。
4DH-E2213-01×1個:カムテンショナーとシリンダーヘッド間のガスケット。
4CW-E2223-00×1個:カムテンショナーボルトのOリング。
52S-12439-00×1個:サーモスタットとシリンダーヘッド間のOリング。
52S-E2439-00×1個:ウォーターポンプとシリンダーヘッド間のOリング。オイル側。
93210-19809(93210-19123)×1個:ウォーターポンプとシリンダーヘッド間のOリング。冷却水側。
52S-E1193-01×1個:シリンダーヘッドカバーのガスケット。
95022-06010×2個:シリンダーおよびシリンダーヘッドのドレンボルト。
91312-06100×2個:シリンダーヘッド右側2個のキャップボルト。錆が出ている可能性があったのと、付着した液体ガスケット剥がしが面倒なため。
90430-06014×2個:95022-06010と組み合わせて使用する銅ワッシャ。
91810-14807×4個:シリンダーおよびシリンダーヘッドのダウエルピン。長期使用すると錆が出る場合あるので念の為購入。
97014-06035×4個:ラジエターマウントボルト、全てのボルトで錆が出ていたため交換。
90201-06085×4個:97014-06035と組み合わせて使用するワッシャ。
90387-08825×4個:97014-06035と組み合わせて使用するカラー。
90890-01311×1個:タペット調整用のスパナ。使いにくいので結局使わずに調整。

KN企画 ボアアップキット取り付け⑦に続きます。