ミニ ブロスガレージ フロントウインカーランプ アダプター取付け


ルーカス製フロントウインカーソケットの錆が酷くなったのでソケットを交換しました。取り外すついでにブロスガレージのフロントウインカーランプアダプターを取り付けます。ステンレス製でビス付き。アース用の端子も付いています。

錆びついたソケット。錆は電球まで侵食していました。裏側の方が錆が酷いので、タイヤハウス側の防水が不十分だったのだと思います。今回交換したのは片側だけです。

今まではクリップを使って強引に取り付けていました。1997年以降のミニにはやはりアダプターが必要です。

運転席側に新しく購入したソケットを使用して取り付け。こちらはアダプターとの穴はピッタリで問題ありませんでした。

助手席側のソケットは数年前に購入した物ですが、どの穴で合わせてもアダプターとの穴が合いません。よく見ると刻印が反転しています。運転席側のソケットと穴の位置を比べるとプレートが表裏逆に組み立てられており、ソケットが不良品と判りました。仕方がないので2箇所合う位置で合わせ、1箇所は穴を開けて取り付けました。また新しく購入したソケットと比べると、バルブを固定する時の回転が浅く外れやすいです。

フェンダー内から。くぼみにピッタリ合ってしっかり取り付けることができます。マイナスはソケット内に引き込んでおり、今回はアース用端子は使いませんでした。ソケットが錆等で接触不良を起こすような場合は使おうかと思います。また、錆防止のためゴムブーツ3箇所の穴は液体ガスケットでしっかり防水処理しておきました。ビスの形状的にもアダプターを使う方が防水性が高いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。