Express5800(鼻毛鯖)4画面出力 玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI 取り付け


現在メインマシンの Express5800/S70 タイプRB(鼻毛鯖)は、CPU内蔵のIntel HD Graphicsを2画面出力で使用しています。アナログ出力はやはり目が疲れるので玄人志向のビデオカード GF-QUAD-DISP/4DVIを投入してDVIx2構成としました。このビデオカードは4画面対応であり、将来的に3画面出力も考えていたのでこちらを選択。値段も¥10,000程度と安価です。

裏面。

仕様。このビデオカードは4画面出力ですが、拡張デスクトップ的には2画面までであり、4台使用時は、2台のモニタで1つのデスクトップを共有する形になります。写真の備考の欄を参照。

ファンレス仕様。チップはNVIDIA GeForce 210です。

特殊形状の端子です。ここに直接DVIケーブルを挿すことはできません。

付属品。ドライバはNVIDIAのサポートページから最新版をダウンロードして使用しました。

別途購入したDVIケーブル。Digital Video Systems社のデュアルリンクケーブル(3m)です。安価ですが、2重シールド構造となっておりしっかりした作りです。

端子部分。デュアルリンク用のピンが確認できます。

パッケージ。型番はDVIP/DVIP-D03BKです。

鼻毛鯖のPCI Express x16ポートに装着。

PCI Express x4ポートはRAIDカードが刺さっていいるので、1スロットで4画面出力できるのは嬉しい限りです。

現在は2画面なので、1系統につき1つのDVIケーブルを接続します。奥側がプライマリのモニタとして認識されました。

GPU-Z 0.5.7の出力結果。

オンボード Intel HD Graphics  の Windows Experience Index。

・OS:Windows 7 Enterprise SP1 64bit
・CPU:Intel Pentium Processor G6950 (3M Cache, 2.80 GHz)
・Mem:DDR3-1333 4GByte x 2 = 8GByte
・HDD:Crucial m4 128GByte SSD (CT128M4SSD2)

玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI の Windows Experience Index。グラフィクスが4.4 → 4.6、ゲーム用グラフィックスが5.1 → 5.4にアップしました。私はゲームを全くしないので十分な性能です。

3画面構成なった際は再度報告します。

Express5800(鼻毛鯖)4画面出力 玄人志向 GF-QUAD-DISP/4DVI 取り付け” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。