マジェスティS 全面カーボン加工ラジエターカバー取り付け

2022年9月19日

今まではMOSのカーボンラジエターカバーを取り付けていましたが、部分的なカーボン加工でしたので、全体がカーボン加工されているものに交換しました。

純正ラジエターカバーの上から綾織のカーボンクロスを貼り付けて全体が加工されています。

最近はカーボン加工にも試行錯誤しながらチャレンジしているのですが、台湾のカーボン加工技術はすごいと思います。複雑な曲面への貼り付けと平面出しの技術、樹脂の積層はしっかり厚みがあるので深いツヤがあります。それでいて価格は安い。DIYでやるとまずこんなに上手くいきません。

今まで取り付けていたMOSのカバーとの比較。今回使用するものはSG28J(マジェスティS前期)用ベースのものになりますが互換性があります。SG52J用は中央のボルト穴を隠すカバーが付いてデザインが異なります。デザイン的にはSG52J用の方が好みです。

導風用のスポンジが付属していなかったので別途購入しました。品番は「1DK-E2668-00」と「1DK-E2669-00」で2つ必要です。

スポンジシートを貼り付け。走行風を逃さずにラジエターに当てることができるようになります。

取り付け後。全体的にツヤがあり光を反射するので、よりカバーが目立つようになりました。