ミニ パナソニック カオス ブルーバッテリー取り付け

バッテリーの調子は悪くはないのですが、すでに4年経っているので予備交換しました。選択したのはパナソニックの『カオスブルーバッテリー 75B24R』です。
※ 車輌購入時から装着していたバッテリーがRタイプだったので気づかずにRタイプを購入してしまいましたが、Lタイプが正しい選択です(75B24L)。


以前乗っていた車で使用していたオプティマも考えましたが、カルシウムバッテリーで国産最高峰のカオスを選んでみました。黒いハンドルは取り外せますが、付けておいても支障はないのでそのままにしてあります。

ミニは欧州車規格のDIN端子となりますので、JIS規格のバッテリーと接続する場合、ターミナルを変更するかアダプターが必要になります。今回はアダプターを使用することにしました。

しかし上記オーディオテクニカ製アダプターは締付けてもグラグラし、しっかり固定できません。バッテリー側の端子部分も削れる始末。最悪です。

そこでフルカワバッテリー製の太端子変換アダプターを別途購入。こちらを使用した場合は端子をガッチリ固定することができました。ジェームスで販売しています。

以前のバッテリーが調子悪かったわけではないので、始動性等の変化は感じられませんでしたが、3年/10万km保証なのでこれからも安心して乗れます。

ちなみに、こちらはプラス側の純正端子を外す際に使用している13mmのソケットです。そのままだとナットのかかりが浅いので、使っていないソケット(一応KTC)を薄く加工して深くかかるようにしています。