ミニ ウィンドウレギュレーターハンドルを軽くする方法


ミニのウィンドウレギュレータハンドルが重く(硬く)て回りにくい場合の対処方法です。重くなる原因はいくつかあると思いますが、私が経験したのはガラスとスライド部分の潤滑に問題がある場合です。

使用するのはワコーズのフッソオイル105です。潤滑する箇所にゴムが含まれる為、こちらを使用しています。

ガラスを挟んで固定しているスライド部分は、ゴムの上を起毛素材が覆っています。この部分が風化によって潤滑不良を起こすと、著しくレギュレーターハンドルが重くなります。あまりにも汚れている場合、最初に濡れタオル等で可能な範囲を清掃してからの方が良いかと思います。

ノズルで奥を狙ってフッソオイルを吹きつけていきます。ガラスを挟んで接触している面を意識しながら起毛素材に少しづつ染み込ませ、下に垂らしていく感じです。この時ガラスにオイルが飛び散らないように注意します。

後ろ側は、この位の位置から徐々に下に移動しながら吹きつけていきます。

ノズルの長さ的に一番下まで吹き付けることは難しいので、レギュレーターハンドルを繰り返し操作して馴染ませます。以上の方法により、状況によっては劇的に軽くなるはずです。レギュレーターハンドルを重いまま使用していると、ウィンドウレギュレーター内部の歯車にダメージを与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。