Arai/アライ VZ-RAM VAS-Zシールド セミスモークとスモークの違い

2022年11月20日

昔からヘルメットのシールドはスモーク派です。セミスモークとスモークの違いの情報があまり無いようなので、参考までに比較画像をシェアしようと思います。現在、夏用のヘルメットとしてVZ-RAMを諸事情で用途別に二種類所有しており、グラスブラックにセミスモーク、モダングレーにスモークのVAS-Zシールドを取り付けた状態の比較画像です。ちなみにVZ-RAMの標準で付属しているシールドはクリアーではなく、セミスモークより一段薄いライトスモークです。

左:セミスモーク(可視光線透過率50%)
右:スモーク(可視光線透過率20%)

Arai純正シールドの可視光線透過率の情報はこちら。

シールド種別可視光線透過率
クリアー90%
ライトスモーク70%
セミスモーク50%
スモーク20%

晴れの日の日中で室内がかなり明るい状態での撮影になります。わかりやすいようにトイレットペーパーの芯をヘルメット内に入れてみました。両方ともピンロックシールドを取り付けているのですが、セミスモークは外から装着がはっきりとわかります。

横から見た状態。二重に重なるなるのでスモークの方はより濃く見えています。

私がスモークシールドを利用する目的の一つが顔隠し効果になります。セミスモークの場合は顔隠し効果はかなり低いと感じますので、外から顔を見られたくないのであればスモークをおすすめします。また、個人的な感覚という前提になりますが、私は年間を通して夜間もスモークシールドを閉めて走行しており、街灯がしっかりしている道路であれば大きな支障なく使えています。Araiとしては、夜間や悪天候時の推奨はクリアーかライトスモークとなっています。