ミニ ガレージアウトデルタ クイックアクセルペダル取り付け

ガレージアウトデルタのクイックアクセルペダルに交換しました。

軸受けがベアリングとなっており、ガタがありません。そのため純正のペダルよりもストロークが短くなり、細かい足の動きにも反応します。
アクセルワイヤーの調整(スロットルケーブルの調整)を行いますが、まずはフロアマットの上から底まで踏んだ時に全開になるように、スロットルボディ手前のアジャストナットで調整します。張りすぎるとアクセルワイヤーを切ってしまう恐れがあるので注意して下さい。逆に緩すぎるとアクセル全開でスロットルが完全に開かず、エンジンの性能を発揮できません。次に、イグニッションをONにした状態(エンジンはかけない)でスロットルにボディに付いているバー(棒)を一番奥(スロットル全開)まで押し込んで離します。するとステッパモーターが動き、位置決めが行われます。その状態のまま、スロットルボディ右横に付いているカラ動きリンクの上下間隔が均等になるよう、スロットルボディ手前についているアジャストナットで微調整します。調整できたらイグニッションをOFFにして完了です。
交換前と交換後。交換前はスパルコのペダルが付いていました。鏡面されたステンレスのペダルは綺麗ですね。
ペダルはシンプルでヒール&トゥもやりやすいです。ただ、アクセルペダルが非常に薄いでので、ペダルに力をかけ過ぎると変形します。底で強く蹴ったりするような力をかけることは厳禁です。(私はやってしまいました・・・)