ローバー ミニ クーパー40thアニバーサリーリミテッド

ローバー ミニクーパー40thアニバーサリーリミテッド。ミニ誕生40周年記念モデル。1999年製、日本のディーラー最後のミニです。2006年の後半に購入しました。購入時はマフラー以外はほぼフルノーマル。6000kmの低走行車でした。
ボディカラーはソリッドカラーのブルックランズグリーン。展開色は2色で他にソーラーレッドがあります。40thアニバーサリーリミテッドには、”クーパー”が付くものと付かないものがあり、付かないものはマルベリーレッド、アイランドブルー、オールドイングリッシュホワイトの3色展開です。また、ブルックランズグリーンを専用色としているのは、他に1998年式のクーパーBSCCリミテッドがあります。
ボンネットのエンブレムは40th専用品。七宝焼です。
マフラーはセンター出しのRS-Rが付いていました。
スポーツパッケージ専用の13インチホイール。結構重いです。タイヤは新車時から履いているであろうダンロップSP3000。硬くて多少ひび割れています。13インチのモデルは、フロントフェンダー(鉄板部分)とタイヤが干渉する関係で、鉄板部分が少しカットされ、ステアリングラックは切れ角の小さい物に変更されています。なので、Uターンや切り返しがちょっと苦手です。
40th専用ホワイトメーター。中央のメーターに”Mini 40″のロゴがあります。
こちらも40th専用のアロイフェイシアパネル。木製よりもこちらの方がスタイリッシュだと思います。グローブボックスの中は狭く、ほとんど物は入りません。
内装はブラックレザー(本革)です。黒内装は落ち着いており、汚れにくいので気に入っています。ブラックレザーを専用装備しているのはクーパー40thアニバーサリーリミテッドと1998年に販売されたポール・スミスのみです。ハンドルにはエアバッグが内蔵されています。
リアシート。何とか大人2人が座れますが長距離は厳しいと思います。前側シートも前方に寄せなければならないので、フロント座席の人も辛いです。後ろは一人で乗ると斜めに座れるので多少快適になると思います。また、取り付けられるチャイルドシートもあるようです。
フロントドアに付いているウッドキャッピング。本物の木を使用しており、リアシートのサイドにも付いています。紫外線にさらされ続けると割れてきやすいです。
ミニを選ぶときのポイントとして、日常の足に使う場合は1997年式以降(インジェクション)がオススメです。1992年~1996年もインジェクションですが、1997年以降は弱点が克服され壊れにくくなっています。1996年以前のミニはキャブ化できたり、とことんイジるチューニングベースとしては優れていると思います。ただ1997年以降のミニは塗装の処理が弱く、錆が出やすい傾向にあります。