マジェスティS KN企画 ボアアップキット取り付け①

2021年9月19日

パワー向上に最も効果的なボアアップをやることにしました。マジェスティS用のボアアップキットとしては、ボアサイズやロングクランクを組み合わせるといくつかパターンがありますが、作業的に容易で最も基本的な63mmボア+ノーマルクランクにしました。排気量は182.8ccになります。製品はボアアップキットにハイカムとビッグヘットがセットになっているKN企画のものを選択しています。

KN企画のエンジンキット同梱物。撮影し忘れましたが、この他にハイコンプピストンと取扱説明書も同梱されています。細部の形状を確認する限り、おそらくこのキットは有名な台湾メーカーのOEMと思われます。2020年に改良して発売された第二世代の63mmエンジンキットです。

63mmボアシリンダー。念のため軽く面出し作業を実施済み、冷却水のドレンボルトとガスケットは純正新品に交換済みの状態で撮影しています。

ビッグヘッド。こちらも軽く面出し後、カム、カムベアリング、ロッカーアームを組み込み後に撮影しています。冷却水のドレンとガスケット、マフラーのスタッドボルトも新品純正に交換済み。

バルブは組み込んだ状態で販売されていますが、状態を確認するために一度バラします。ポート加工時の鉄粉等も無く、綺麗に洗浄された状態でした。こちらは吸気ポート。バルブガイドまでがっつり加工されています。

こちらは排気ポート。

バルブ分解の際にステムシールも交換しようと思い純正品番で別途用意していたのですが、サイズが異なるように見え、そのまま使えるか判断がつかなかったので、とりあえず交換はせずにそのまま使用しました。

インテークポート。

排気ポート。

バルブの当たり状態確認も兼ねて、軽くすり合わせも行っています。

ロッカーアームとハイカム、ハイカムベアリングです。

カムシャフト比較。右側がボアアップキット付属のハイカム。IN側235°、EX側235°。実際のパワーバンドは今後の記事に載せようと思います。純正カムで付いていたOリングは使用しません。

ピストン比較。左側がボアアップキット付属の63mm。右側が純正58mm。

ビッグヘッドとの組み合わせで燃焼室容量が大きいため、ハイコンプピストン仕様になります。

ロッカーアーム比較。左側がボアアップキット付属のもの。ちなみに旧世代のボアアップキットとロッカーアームの形状が異なります。

シリンダーヘッド比較。左側がボアアップキット付属のビッグヘッド。
・ビッグヘッドIN側バルブ径:23mm
・ビッグヘッドEX側バルブ径:20mm
・純正ヘッドIN側バルブ径:19mm
・純正ヘッドEX側バルブ径:17mm

マジェスティS KN企画 ボアアップキット取り付け②に続きます。