Eee PC 901-X SSD SUPER TALENT FPM32GLSE 換装


2008年の9月に購入したEee PC 901-X。サブ機として使ってきましたが、あまりにもSSDが遅いのです。色々ダイエットしたにもかかわらず、Cドライブが残り300M位しかありません。限界を感じ2009年6月にSSDを換装しました。使用SSDは SUPER TALENT FPM32GLSE (32GB)、MLCチップです。

公称値
Read 150 MB/sec
Write 100 MB/sec

SATAのSSDで、プライマリとして認識されます(改造等の必要なし)。取り外し不可のオンボード4GByte SSDはDドライブとして自動的に認識されます。

SSD表面。

SSD裏面。

換装前。

換装後。換装は一瞬で終わります。Eee PC付属のリカバリディスクを利用してOSをクリーンインストールしました。

CrystalDiskMarkによる換装前Cドライブベンチ。純正4GByte SLCチップ。

換装後Cドライブベンチ。 FPM32GLSE 32GByte。Writeは公称値の半分しか出ていませんね。OSはWindows XP Home、使用BIOSは1903。

換装後Dドライブベンチ。オンボードの4GByte SSDです。

使用感は本当に激速になりました。たまにプチフリを起こしますが、ほとんど気にならない程度です。昨今のSSDの進化は凄いですね。一時期S101に買い換えようかとも思いましたが、買い換えないで良かった。

■2011年4月30日追記■
プチフリが徐々に頻発するようになり、OS再インストールが必要かと諦めていました。試しにDefragglerというフリーのデフラグツールを使用してみたところ、見事プチフリが解消されました。まだまだ現役で使用できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。